アイピルについて詳しく

アイピルを飲んだのに避妊失敗?失敗例や失敗率を最小限にする方法をご紹介

アフターピルのアイピルは性行為後に服用することで高い避妊効果が得られます。しかし、アイピルの避妊効果は100%ではないので、避妊に失敗する場合も。

そこで、この記事では

  • アイピルの妊娠阻止率について
  • アイピルを服用したのに避妊に失敗した例
  • 避妊効果を確認する方法
  • アイピルでの避妊失敗率を最小限にする方法

などについてまとめています。ぜひ参考にしてください。

アイピルは「まとめ買い」推奨
(by 医薬品アットデパート)
1箱 1680円
2箱 2755円 (1箱1378円)
3箱 3758円 (1箱1253円)
5箱 5682円 (1箱1136円)
7箱 7683円 (1箱1098円)
購入ページ

アイピルの成功率は100%ではない

アイピルの妊娠阻止率

アイピルはノルレボのジェネリックなので、ノルレボの避妊効果と同じです。

アイピルの妊娠阻止率

参考:ピルコン

すぐに服用すれば高い避妊効果を期待できる

服用が遅れると時間の経過とともに避妊効果も低下する

アイピルを服用したのに避妊に失敗した例

アイピル服用後、出血を確認する前に性行為を行った

服用する時間が遅かった

アイピルを服用後すぐに嘔吐してしまった

アイピルでの避妊に失敗?避妊効果を確認する方法

避妊に成功していたら、服用後3日~3週間で生理のような出血が起こる

性行為後3週間以上生理がこない場合は妊娠の可能性がある

生理が3週間以上来ない場合は妊娠検査薬を使用する

アイピルでの避妊失敗率を最小限にするためには

  • 性行為後すぐに服用する
  • もし、服用後3時間以内に吐いてしまったら、再度服用する
  • アイピル服用したあとは出血を確認するまで性行為をしない

通販サイトで事前に複数個購入しておくのがおすすめ

アイピルを性行為後すぐに服用するためには、あらかじめ通販サイトで購入しておくのがいいでしょう。吐いてしまった時のために予備でいくつか買っておくのをおすすめします。

通販サイトは「医薬品アットデパート」では、アイピルが1箱1,680円から購入できます。また7箱まとめ買いをすると1箱あたり約1,097円とかなりお得です。

妊娠検査キットの「i-can」と一緒に購入するのがおすすめです。

購入は以下のリンクからどうぞ。